「腰痛」とは

「腰痛」とは

腰痛

「腰痛」は大きく2つに分けることができます。

 

  1. 特異的腰痛・・・原因がハッキリしているもの
  2.  

  3. 非特異的腰痛・・・原因がハッキリしていないもの

 

現在、厚生労働省からの発表によれば、『腰痛の85%は原因不明』であるとされています。

 

『原因不明ということは、治らないんじゃないの?』

 

と思いがちですが、そんなことはありません。

 

ここで言う「原因不明」というのは、レントゲンやMRIなどの画像検査時において異常が見受けられなかったということでしかありません。

 

画像検査で原因がハッキリするものとしては以下の症状が挙げられます。

 

「椎間板ヘルニア」

 

「脊柱管狭窄症」

 

「圧迫骨折」

 

「感染性脊椎炎」

 

「癌の脊椎転移」

 

「内臓疾患からの関連痛」

 

これら以外の症状はすべて非特異性腰痛に分類されるのです。

 

例えば「ギックリ腰」は、腰椎を捻挫することで発症することが多いです。

 

しかし、レントゲンなどの画像検査をしても、腰椎が捻挫しているかどうかは画像には移りません。

 

もちろん、理学検査によって当たりをつけることは可能ですし、それによりしっかりと治療も行えます。

 

最近テレビや雑誌で『腰痛の85%は原因不明!!』という言葉だけを大きく扱って、視聴者の不安をあおるような宣伝を見受けます。

 

惑わされないでください!!

 

病院がダメでも、鍼灸院、接骨院、その他治療院、必ず治してくれるところはあります。

 

特に、長い間「腰痛」に悩まされている方には、鍼灸治療をオススメします!!

 

是非、お近くの鍼灸院へご相談ください♪



ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME サイト主 セルフケア用品 サポート選手 鍼灸師向け情報