椎間関節性腰痛

椎間関節性腰痛

現在、厚生労働省からの発表によれば、『腰痛の85%は原因不明』であるとされています。

 

ここで言う「原因不明」というのは、レントゲンやMRIなどの画像検査時において異常が見られなかったということでしかありません。

 

この「原因不明の腰痛」は以下のように分けられています。

  • 筋・筋膜性腰痛
  • 椎間関節性腰痛
  • 椎間板性腰痛
  • 仙腸関節性腰痛

 

今回は『椎間関節性腰痛』についてお話していきます。

 

椎間関節性腰痛

鍼灸,腰痛,痛み,椎間関節

まず始めに、椎間関節とは何でしょう?

 

人間の背骨は、椎骨と呼ばれる骨が縦に積み重なってできています。

 

図のように、上下の椎体から出ている突起が重なっている部分を椎間関節と言います。

 

  • 椎間関節の変形
  • 普段動かないはずの方向へ関節が曲がってしまう
  • 外傷

これらの原因により、椎間関節に分布している神経が刺激されて痛みとなります。

 

特徴的として、

  • 痛みは腰の左右いずれかの側のみ
  • 臀部・大腿部に関連痛が出ることあり
  • 腰を後ろに反らすことが困難
  • 反らすと痛みが強くなる

といったことがあります。

 

治療としては、腰に鍼を刺して罹患部位の椎間関節を直接狙います。

 

この際、痛みの出ている箇所に鍼特有の『ひびき感』を感じますが、これはしっかりと狙ったところに鍼が届いている証拠なので、心配はありません。

 

是非、お近くの鍼灸院へご相談ください♪



ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME サイト主 セルフケア用品 サポート選手 鍼灸師向け情報