手根管症候群

手根管症候群

手根管症候群

鍼灸,手根管症候群

男性よりも女性に多く見られる疾患です。

 

原因としては

 

・手の使い過ぎ
・肥満
・妊娠

 

などがありますが、上記の外傷性のもの以外にも

 

・糖尿病
・アミロイドーシス
・甲状腺機能低下症
・痛風
・慢性関節リウマチ

 

といった全身性の疾患によるものもあります。

 

そのため治療をしていてもなかなか治らない方は、一度血液検査などを受診されることをお勧めします。

 

手根管

手根管は手関節の掌側にあるトンネルで、指を曲げるための腱や神経が通っています。

 

この腱が炎症を起こし腫れてしまうと、一緒に通っている神経(正中神経)を圧迫・絞扼してしまい、症状が出てきます。

 

症状

・人差し指・中指を中心とした、痺れや感覚の鈍麻
・母子球筋の委縮や、力の入りにくさ(重症)

 

治療

基本的には保存療法、つまり患部を固定して動かないようにすることで炎症を抑えます。

 

完全に固定してしまうと家事や仕事に支障が出るので、包帯やサポーターを使用することがほとんどです。

 

ただ、日常生活上で手を使わないことなどありませんよね?

 

そこで鍼灸がお役に立ちます。

 

手根管内の腱の緊張を緩める・炎症を抑えることで、正中神経の圧迫・絞扼を緩めて症状の軽減を促します。

 

患部周りの筋肉を動かしやすくすることで、手首にかかる負担を軽減し、症状の悪化を防ぎます。

 

ただし重症化している場合(母子球筋の委縮など)には、整形外科で相談の上、鍼灸施術との併用をお勧めいたします。

 

重症化しないためにも、おかしいな?と思ったらすぐに医療機関までご相談ください。



ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME サイト主 セルフケア用品 サポート選手 鍼灸師向け情報