筋・筋膜性腰痛

筋・筋膜性腰痛

現在、厚生労働省からの発表によれば、『腰痛の85%は原因不明』であるとされています。

 

ここで言う「原因不明」というのは、レントゲンやMRIなどの画像検査時において異常が見られなかったということでしかありません。

 

この「原因不明の腰痛」は以下のように分けられています。

  • 筋・筋膜性腰痛
  • 椎間関節性腰痛
  • 椎間板性腰痛
  • 仙腸関節性腰痛

 

今回は「筋・筋膜性腰痛」についてお話していきます。

 

筋・筋膜性腰痛

 

まず、筋膜とは何でしょうか?

 

言葉の通り捉えると、筋肉を包んでいる膜とだけ思いがちです。

 

筋膜は筋肉だけではなく、骨・内臓・血管・神経など身体のあらゆる構成要素を包み込み、支えています。

 

筋膜を貫通して走行している神経の締め付け、筋・筋膜自体の疲労、筋肉の断裂、筋内圧の上昇などにより「筋・筋膜性腰痛」が引き起こされると考えられています。

 

特徴として、

  • 動きの制限(特に前屈みの動きが硬くなり、伸ばされた筋肉に痛みを生じる)が出る
  • 筋肉を押された時にピンポイントで痛みが出る
  • じっとしていれば痛みは出ない

といったことがあります。

 

治療方法としては、腰回りで特に緊張が強い筋肉をほぐします。

 

また、痛みにより歩行動作や日常生活動作がぎこちなくなり、足の筋肉にも異常をきたすことが多くなります。

  • 筋肉の極度の緊張
  • 冷え
  • むくみ

これらの症状に対しても治療を行うことが重要となってきます。

 

さらに患者さんの中には、脊椎の生理的弯曲(S字カーブ)が失われている状態の方もいます。

 

こうなると、身体の重みが一点に集中してしまい、症状を再発しやすくなっています。

 

そのため、痛みを取り除くだけではなく、カラダのバランスの調整も必要になってくるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME サイト主 セルフケア用品 サポート選手 鍼灸師向け情報