ヘバーデン結節

ヘバーデン結節

ヘバーデン結節

指の第一関節部分の骨が変形し、腫れたり、指を伸ばしきれない、曲げきれなくなったりする疾患です。

 

どの指に症状が出るか、痛みを伴うかは個人差があります。

 

現在、原因は分かっていませんが、40代以降の女性や、手を良く使う人に多い傾向にあります。

 

指の変形や腫れが見られたら、まずは整形外科を受診しレントゲン撮影をしてもらってください。

 

※関節リウマチとは異なります。

 

治療

基本的に保存療法となります。

 

鍼灸施術では、骨の変形を元に戻すことは出来ませんが、痛みや腫れの減少が期待できます。

 

ともかく、指を動かさず安静にすることは必須となります。

 

無理に動かしてしまうと症状が悪化し、手術を避けることは出来ません。

 

どの医療機関を選択するにせよ、指を動かさないことが症状緩和の近道と言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME サイト主 セルフケア用品 サポート選手 鍼灸師向け情報