ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

三田,田町,赤羽橋,港区,鍼灸,ドケルバン病,狭窄性腱鞘炎

手首の親指側に痛み腫れが出てきます。

 

親指を動かす筋腱(短母指伸筋腱と長母指外転筋)を包む、腱鞘の部分で摩擦により炎症を起こして発生します。

 

特に

 

・妊娠・出産後
・更年期の女性
・アスリートなど、良く運動をする
・仕事などで指をよく使う

 

といった方、に多くみられます。

 

腱鞘

手や足で、筋肉と骨をつないでいる腱を包んでいるパイプのようなもの。

 

腱鞘により、指の曲げ伸ばしがスムーズになります。

 

症状

親指を動かす、手首を小指側に曲げるなどの動きにより痛みを生じます。

 

また、この時に仕事などで無理をして親指を使ってしまうと症状が悪化し、手術適応となる恐れがあります。

 

治療

 

基本的には保存療法、つまり親指を固定して動かないようにすることで炎症を抑えます。

 

包帯やサポーターを使用し、湿布で炎症を抑えるなどです。

 

整形外科では抗炎症剤(ステロイド)を注射することもあります。

 

鍼灸施術では、腱鞘内の腱の緊張を緩める・炎症を抑えることで、動作時の痛みの軽減を促します。

 

とは言え、日常生活で普通に動かしてしまうと炎症がぶり返してしまうので、サポーターは必須です。

 

当院には、整形外科で手術をしたけど痛みが続くという患者さんもいらっしゃいます。

 

手術では、炎症により肥厚してしまった腱鞘を切り開いて圧迫を無くすのですが、筋腱そのものが炎症により硬くなったままということが多くの原因です。

 

そこで、痛みの原因となっている筋腱をしっかり緩ませてあげることで、症状の軽減が出来ます。

 

また、手術ということは皮膚を切り裂いているので、縫った後の皮膚の突っ張りによっても痛みが生じます。

 

手術後のリハビリは、自己判断でやめたりしないようお願い致します。

 

リハビリが不十分だと感じた際は、是非鍼灸施術を受けてみてください!!

 

 

 

 


 

 

鍼灸院はりもぐら

 

営業時間
月〜土 11:00〜22:00
最終予約受付 20:00まで
<休診日 火曜・日曜・祝日>
※火曜日は訪問治療のため、治療院はお休みさせて頂きます。

アクセス

JR田町駅から徒歩7分

都営浅草線三田駅A3出口から徒歩5分

都営三田線三田駅A8出口から徒歩5分

都営大江戸線赤羽橋駅赤羽橋口から徒歩11分

予約専用

鍼灸院はりもぐら 電話番号

鍼灸院はりもぐら ご予約・お問い合わせ

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 院長紹介 こだわり 施術の流れ メニュー アクセス ご予約 訪問鍼灸